2004年12月10日

監督ってなかなかおもしろいです−その3−

5年目秋季大会で3位になったとこからの続きです。

<5年目秋季東海大会>
1回戦 浜松商業(静岡) 0−5
準々決勝 愛産大三河(愛知) 0−6
準決勝 享栄(愛知) 5−4 9回サヨナラ負け
3決 日生学園第二(三重) 0−10 東海地区3位で甲子園出場決定

なんで3決があるのかというつっこみはおいといて、2回も負けたのに、選抜に出場できることになりました。新チームは過去最強の戦力やからね。これで終わっちゃ困るたらーっ(汗)

<5年目選抜大会>
1回戦 甲府工業(山梨) 0−2
2回戦 明徳義塾(高知) 1−0 2回戦敗退

創部5年目、2度目の甲子園で初勝利わーい(嬉しい顔)秋季大会後にランクBに上がった母校は、Cの甲府工業には勝ったものの、Aの明徳には勝てず。やはり打線が脆弱。ちょっと相手投手が良いと打てなくなる。

次の大会で、創部以来最強チームが終わる。春夏連続出場は間違いないと思っていたのに…

<5年目夏季県予選>
1回戦 シード
2回戦 中京 0−4
3回戦 不破 1−3
4回戦 岐阜第一 2−1 4回戦敗退

トーナメントって怖い。この大会前には練習試合で横浜に勝って、ランクAまであがり、野球部専用グランドをつくってもらうほどになったというのに。ランクDの岐阜第一に負けたことにより、一気にDに近いCまで落ちました。

この年のチームが強すぎて、新チームは今までほとんど試合に出たことがない選手ばっか。エースも2年生投手が頼りないので、1年生の「木藤」(モデルは広島→中日→楽天の紀藤投手)。なので思い切って、1年生を育てて、来年また最強チームをつくることにしました。潜在能力も1年生の方が高いし。よってレギュラーの半分が1年。こういうの、現実の高校野球でもあるよね。こういうときの2年生たちはどんな気分なんやろか。妬んだりするんかなぁ。わたしゃ部長なのに弱いっていう立場は中・高と経験してますが、団体競技はやったことないのでわかりませぬもうやだ〜(悲しい顔)


posted by クラーク at 02:20 | 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。