2004年12月12日

伊勢湾岸道開通で名古屋の高速事情が変わります

伊勢湾岸道といえば名港トリトン。橋のライトアップだけでなく、名古屋の夜景がまったりと眺められるスポットでもありました。この前の夏に帰省したときに、湾岸長島ICから飛島ICまで、ほとんど車のいない真夜中に走り、湾岸長島SAで猫と戯れたり、もっと前に友達の車でドライブ行ったときは、真夜中の名港トリトンをぶっとばしてみたり、そんな思い出のある伊勢湾岸道ですが、今日からはそんなまったりはおそらくできないでしょう。

豊田南IC−豊田JCTが開通して、東名道と東名阪道が伊勢湾岸道によってショートカットできるようになりました。記事はこちら

開通の効果は数多いけど、一番の効果は東京方面から大阪、三重、奈良方面に向かう際、これまでは、名神道を使うか、名古屋IC・上社JCT経由で、名古屋市街を大回りしなければいけなかったのが、伊勢湾岸道によって短絡できること。東名・名神ルートと、名神・伊勢湾岸・東名阪・名阪国道ルートの2つがあることで、時間短縮、渋滞回避等が期待できるわけです。これでもう名港トリトン=金の無駄とは言われないわーい(嬉しい顔)

名港西大橋しかなかったころは、なんでこんなとこに橋が??と思ってたけど、こんな日が来るなんてねぇ…

そのかわりもう、伊勢湾岸道のまったり走行ができないわけで…ちょっとさみしい。
posted by クラーク at 23:00 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |

監督ってなかなかおもしろいです−その4−

レギュラーのほとんどが1年生という新チームで、6年目秋季大会を迎えたとこから。

<6年目秋季大会>
1回戦 シード
2回戦 富田 2−8
3回戦 可児工業 1−0 3回戦敗退

よわっ。結局スタメンを入れ替えて、半分は2年生にして練習試合をし、ランクをBまであげて、「東緒」投手をスカウト。これで投手力は大丈夫。2年生が意外に成長したので、予想外にいいチームになり、ランクAで夏を迎えたら…

<6年目夏季県予選>
1回戦 シード
2回戦 不破 0−3
3回戦 加茂 1−5
4回戦 益田 1−9 8回コールド
準々決勝 岐阜 0−8 7回コールド
準決勝 郡上北 1−3
決勝 岐阜第一 1−11

合間の世代なのにあっさりと甲子園へ。狙った年には行けないのにねぇ。

<6年目甲子園>
1回戦 鹿児島玉龍(鹿児島) 1−2 延長14回
2回戦 酒田南(山形) 0−1 延長13回サヨナラ勝ち
3回戦 智弁学園(奈良) 1−4
準々決勝 近江(滋賀) 1−3
準決勝 平安(京都) 1−3
決勝 常総学院(茨城) 7−4

創部6年目で準優勝してしまった。というか正直に言いますと、夏の大会で優勝するとエンディングになって、このチームの続きができないので、わざと負けました。いいのか、おい。対近江戦から、監督の仕事全部コンピュータまかせでやりました。決勝は2年生エースの木藤でも、1年生エースの東緒でもなく、普通の3年生を先発させました。なのに勝ってしまいそうになりました。ごめんなさい、来年のチームが楽しみなもので。

こんなことしたら、県予選で負けようやなぁ…
posted by クラーク at 03:42 | 広島 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。