2005年06月15日

憲伸でも勝てないドラゴンズ

6月14日(火) オリックス×中日(ナゴヤ)

 オ4−1中 勝:光原 敗:川上 S:大久保


試合に出たくないのか! 落合監督、ゲキ 竜4連敗 試合後緊急ミーティング(大本営)
>「去年は1人、1人から『試合に出たい』という意識が見えていたが、今年はそれが伝わってこないぞ…」

おそらく野手陣に向けてなんだろうけど、レギュラー固定されてるし、2軍との入れ替えも去年より少ないし、上がってもなかなか使われないし、モチベーション維持が難しいわな。やる気があって、それを練習で見せたやつを使うという監督の想いは、選手にどれだけ伝わっているのか…

オーダーをころころ変えるロッテと、オーダー固定で各選手の役割をはっきりさせる中日、どっちのやり方がいいんだろう。

井端のコメント
「(3回のタイムリーについて)打ったのはストレート。ランナー3塁のチャンスだったので、何とか還したかった。相手が前進守備だったので、思いっ切りバットを振った。いいところに落ちてくれました。」

選手のコメントをみると、最近よく「何とかしたかった」というのを見るけど、自分にプレッシャーかけすぎてないよね?

去年は去年、今年は今年、去年と同じことをしていたら、連覇はできない。去年と違う、今年のドラゴンズのかたちを、まだまだ長いペナントレースを戦っていく形を、交流戦のこりの2試合で見せていただきたい。野口・マル、監督・コーチ、ほか選手のみなさん、勝ちたい気持ちをファンに見せてね。そしてわれらドラファンは、こんなときこそちゃんとドラゴンズを見守ってあげんとね。
posted by クラーク at 12:33 | Comment(3) | TrackBack(2) | ドラゴンズ-2005-

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。