2005年06月16日

帰ってきた左のエースと新球場問題

6月15日(水) オリックス×中日(ナゴヤ)

 オ0−2中 勝:野口 敗:JP S:岩瀬


監督コメント
「見ての通りの試合だ。監督の事なんかいいから、新聞に選手のことを書いてくれ。」

→決して選手名は出さないけど、野口(と谷繁)を誉めているであろうコメント。優勝時と同じ、「選手を誉めてあげてください」。

のぐちんコメント
「前回がいいピッチングだったので、今回が大事だと思ってなげました。点を取られなくてよかった、次も頑張ります。」
「まだ2勝ですよ。2回しかチームに貢献していないんですよ。まだまだです。つぎ打たれたら台無しになるから」

→前回も今回も大事、そしてセのチームと当たる次回も大事。野口投手の復活はチームにとってかなり大きいですね。長いイニング投げられるし、今のとこ安定してるし。

シゲコメント
「野口は前回の今季初完封の時より今日のほうが良かった。今日は初めからいいフォームで投げていた。試合の途中でも修正ができたし良かったんじゃないかな。(8回先制HR)ホームランを狙って目いっぱい振ってやろうと思った。JPの出てくるのが遅かったから、自分もゆっくり考える余裕があって十分に準備する時間がとれたのがホームランに結びついた。」

→谷繁が野口を誉めてる…?

この調子で野口が投げていけば、憲伸・野口中心にローテを組んでいけるのでは。今日もマルに試合をつくってもらって、交流戦うまく締めていただきたいものです。

−−−
広島市民球場建て替え問題、他候補地検討(大阪日刊)
広島新球場 現在地建て替え困難(中国新聞)
>広島市民球場(中区)に替わる新球場の建設地について、秋葉忠利市長は十五日の記者会見で、「現在地ではかなり困難と考える」との認識を表明した。

先日、現在地建て替えでは1年完成が延び、建設費もかさむことが明らかになった新球場問題、市長の発言により、市の方針としてはヤード跡地移転であることが明らかになりました。
この2ヶ所、球場のみの建設費を比較すると、現在地の方がかなりかかるのだけど、ヤード跡地の場合、周辺インフラ整備にお金がかかるので、合計するとそれほど変わらないのでは。
今の場所と比べると、中心地から遠ざかってしまうような気がしますが、名古屋でたとえると、栄から笹島に移転するようなものなので、ナゴドほど行くのに時間がかかるなんてことにはなりません、たぶん。
ただ、世論的には建て替えが優勢なので、ここからまだもめていきそうです。たる募金があるため、そういう意見もないがしろにできないし。(俺自身は、建設地が確定してから募金しようと思っているので、まだ募金してません)
記事では触れてないですが、ヤード跡地移転の場合、現在地の跡地利用も同時に考えていくようです。原爆慰霊碑・平和の火・原爆ドームの直線上に位置する現市民球場、景観上、跡地利用にはかなり制約がかかるので、また跡地利用の決定に時間かかりそうだなぁ…
posted by クラーク at 12:53 | Comment(8) | TrackBack(2) | ドラゴンズ-2005-

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。