2005年09月01日

完敗で戦いはまだつづく…

9月1日(木) 中日×阪神(甲子園)

 中日1−8阪神 勝:下柳 敗:山本昌


0.5差と迫っての、首位阪神との直接対決でしたが、今岡の2本塁打にやられ、また1.5差に。

金本を封じれたのはよかったものの、赤星・シーツの固め打ちが、効きました。ドラ打線も、下柳以下中継ぎに抑え込まれ沈黙。

同じ負けでも後に残りにくい負け。小林を登板させることもできましたし。危険球退場で、山井を使ってしまったのは大計算外でしたが。初登板の小林がこれで終わってしまわないことを祈ります。

今回の直接対決は1勝1敗の痛み分け。JFFK投げさせたのは、よかったのか悪かったのか。ドラはまだ勝負を先に見てますね。

今後も直接対決は痛み分けがつづきそう。というわけで、ほかのチームとの戦いがもちろん重要になってきます。特に明日のヤク戦は、阪神が試合ないため、買ったらゲーム差縮まります。

そんな大事な試合というわけで、明日急遽ドラ友その2と、ナゴヤドームに行って、ドラに喝入れまくってきます!!

移動日なしのきつい試合ですが、勝ってくれよ〜。(個人的には、今シーズン観戦成績5割到達がかかってたりします…)

中日新聞よりコメントをいくつか
監督コメント
「(小林の危険球をめぐって阪神・岡田監督が興奮したことについて)
何で荒れるんだ。そんなケースか。まして、プロ初登板のピッチャーが生き死に懸けてやっている状況を考えれば。こっちだって山井を使いたくなかった。何で過敏に反応するんだ、こんなゲームで。そういう網の目をくぐって何発もやられた俺が、そんなことさせるわけないだろ。向こうも選手は冷静だった。すっぽ抜けが分からないようじゃ困る。
(直接対決を1勝1敗で終え)
オーケーじゃないか、それに関して言えば。」


VTR見ればすっぽ抜けってことは丸分かりのような気が。乱闘中、スペンサー(?)・ウッズ・アレックスが談笑してたな…

小林コメント
「緊張した。インコースを狙った球が抜けてしまった」

石井コメント
「甲子園の大観衆の重圧は肌で感じた。雰囲気にのまれないように自分の投球を心がけ、緊張しないで投げられたと思う」

ほんとにルーキーか。 
posted by クラーク at 22:31 | Comment(2) | TrackBack(8) | ドラゴンズ-2005-

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。