2005年10月18日

マリサポの皆さん、おめでとうございます

パリーグ2005年度プレーオフ第2ステージ第5戦は、3−2で千葉ロッテマリーンズ福岡ソフトバンクホークスを破り、31年ぶりの優勝を決めました。

いやはや、マリーンズもホークスも強いですね。試合終了までまったく気が抜けない。素晴らしい戦いでした。

春先にはロッテファンの某先輩と、「日本シリーズで戦いましょう!」なぁんて言ってたんですが、夢かなったのは先輩だけでしたw
あぁ切ない。去年の優勝記念DVDでも観て現実逃避しますか…

プレーオフ、とても盛り上がってましたね。なぜ盛り上がるかというと、「優勝争い」だからなんですよね。あらかじめ初めから、この日に優勝争いが行なわれるとわかっている。それが今のパのプレーオフ。となると、それまでのレギュラーシーズンは、「その優勝争いに出場するチームを決める争い」と考えられるわけです。

普通のレギュラーシーズンでの優勝争いで盛り上がるのが一番いいんじゃないの、と思うんですが、なかなかそうはうまくいかないわけで。それを解決するひとつの方法として、「プレーオフ」があるんだと思います。

個人的には、今のプレーオフは、安易に導入しすぎたかな…とは思うんですけどね。チーム数が少ないし…。指名打者制、予告先発、マンデーパリーグと、新しいことをいろいろと導入する姿勢は評価できますが…。

とはいえ、今季はこの制度で戦ってきたわけですし、誰がなんと言おうと、優勝は千葉ロッテマリーンズです。ここまで長かったことでしょう。本当に、おめでとうございますぴかぴか(新しい)
posted by クラーク at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(24) | 野球

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。