2004年12月07日

監督ってなかなかおもしろいです

近ごろ、パワプロ11超決定版がでるまでのつなぎとして、「栄冠は君に2004〜甲子園の鼓動〜」っていうゲームをやってます。うちの母校は硬式野球部がないので、新規校として一からやらなきゃいけない。まー最初は弱かった。初参加となる秋の大会は初戦敗退だし。

でも徐々に強くなり、3度目の秋季大会は、美濃加茂に負けたものの、ベスト16に入るまでになったのよ。冬の間力をつけ、さらに1年になかなかの実力を持った投手が入り、投手力も大幅アップ。これならいけるなーと思った3年目の夏、準々決勝で大垣北、準決勝で岐阜を破り、とうとう決勝まできてしまった。

決勝は県岐商。岐阜県の高校野球といったら県岐商。あの県岐商ですよ。これだけで感動。まーここまできたら、負けてもええわと思っていたら、あっさり勝ってしまった。

創部3年目での甲子園出場ですよ。すげー。

そんなわけで、岐阜県代表として甲子園へ。抽選の結果、2回戦からの登場で、相手は近江(滋賀)。あの近江ですよ。またこれで感動。まーここまできたら、負けてもええわと思っていたら…


8回まで完全試合くらった


投手陣は頑張ったんよ。5安打10奪三振。でも打線が悲惨。外野に飛んだのは、ライト前ヒット1本と、ライトフライ1つだけ。トラウマになるやん。

まぁでも、新チームのほうが強そうなので、春も甲子園めざしてみっかー。
posted by クラーク at 01:29 | 広島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。