2005年01月05日

マイライフ日記−その8−

5年目のシーズンの続きです。

<7月後半・8月>
後半戦初先発は18日、8回途中まで3失点で8勝目。特殊能力の「奪三振」がやっと付く。しかし25日は7回途中6失点KOで3敗目、3連勝でストップ。31日はなんとか5回まで投げ、1失点で9勝目。8月に入り、7回3失点(6日)、8回1失点(12日)と連勝で自己最多タイの11勝。12勝余裕でいけると思いきや、19日、6回5失点KO(4敗目)、26日3回途中5失点KOと勝てなくなる。

<9月>
ローテを一回飛ばして、7日に先発するも4回4失点KOで5敗目。しかも全治1週間のケガ。21日に先発復帰するも4回6失点KO。シーズン終盤になって崩れ、中継ぎに転向することに。桜川の不調と反対に、チームは絶好調で、24日にはとうとうM6が点灯。26日、28日と中継ぎで各1回無失点。28日、中日が勝ち、マジック対象の阪神が負け、2年ぶりの優勝が決定。

<10月>
2日、今季最終戦で中継ぎ登板するもサヨナラ負けで6敗目、3連敗で先発に復帰できぬままシーズンを終える。

日本シリーズ(対西武)
1 野口−東  中日の勝ち
2 川上−松坂 西武の勝ち 中継ぎで2回無失点
3 朝倉−張  中日の勝ち 抑えで1回無失点、1セーブ
4 石堂−東  西武の勝ち
5 野口−松坂 西武の勝ち 中継ぎで1/3回無失点
6 川上−帆足 中日の勝ち
7 朝倉−東  西武の勝ち 中継ぎで2回無失点

2008年成績
32試合11勝6敗4セーブ 147回 防御率3.92 187奪三振

初の規定投球回達成。防御率4位、奪三振3位、勝利数6位でした。
年俸は1億1465万から1億3804万にUP。FA権をちらつかせて年俸上げようとしたら、
「選手の権利だから好きなように使ってもらってかまわんよ」みたいな感じであしらわれました。そんなこと言うなよ、中途半端だけど使い勝手いい投手やん。

86勝50敗4分 2位阪神と2.5差をつけ、優勝。
先発…川上(20勝・最優秀防御率・MVP)、桜川(11勝)、野口(10勝)、朝倉(9勝)
先・中…石堂、小笠原
先・中・抑…山福(11勝・新人王)
中・抑…岩瀬(最優秀中継ぎ)、久本、高橋聡、長峰、岡本

前年度の日記で、「来年はやばい」と言ってましたが、なんと優勝してしまいました。チーム打撃成績3位、投手成績1位、全チームに勝ち越しでの優勝なので驚くような優勝というわけではないんですけどねぇ。これだけ投手陣をめちゃくちゃに酷使して優勝できたことに驚き。一応チームトップのセーブ数は久本(14セーブ)なんですけど、久本・岩瀬・高橋聡・長峰・岡本・山福・石堂・桜川の8人がセーブあげてるんです。投球回数がみな登板試合より多くなってるので、つまり、7回あたりから登板してそのまま最後まで投げきっているわけです、おそらく。

ここで私は新たなる解釈を思いついた。これはまさか、昨シーズン、桜川がやらされてたことを、さすがに1人ではつぶれてしまうから、中継ぎ陣がローテ組んでやってるんではないか…つまり、

先発ローテ…川上、桜川、野口、朝倉
中継ぎローテ…石堂、山福、岩瀬、久本、高橋聡、長峰、岡本
(小笠原は谷間の先発と敗戦処理?)

コンピュータの采配がそこまで考えているとはおもえんw


入団して5年過ぎました。まだ27歳なのに、球速とスタミナは成長の限界に達しました。コントロールと変化球はまだまだ成長しております。はたしてどこまで成長するのか…

過去の成績と年俸を振り返ってみます。

04年 28試合11勝4敗  117回1/3 防2.84 88振 2.20RP 900万→4500万
05年 32試合4勝7敗  103回1/3 防4.18 95振 6.25RP 4500万→4040万
06年 45試合6勝1敗1S 77回2/3 防3.01 95振 19.70RP 4040万→6728万
07年 48試合7勝3敗16S 104回1/3 防2.67 131振 13.95RP 6728万→1億1465万
08年 32試合11勝6敗4S 147回 防3.92 187振 1億1465万→1億3804万

今回のマイライフでは成績のリアルさを追求しているわけですが、ここを見てくれている方々から見るとどうなのか、ぜひともコメントください。よろしくおねがいします。



posted by クラーク at 23:38 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マイライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。