2005年06月24日

対阪神3連戦・3タテされなくてよかった

6月23日(木) 中日×阪神(大阪D)

 中9−3神 勝:山本昌 敗:福原

6月22日(水) 中日×阪神(大阪D)

 中2−4×神 勝:江草 敗:平井

6月21日(火) 中日×阪神(大阪D)

 中3−4中 勝:井川 敗:野口 S:久保田


交流戦のころのこてんぱんな負けとは違い、戦いきった上での負けが2つ。3タテさえされなければOKなので、これでよし。相手の自滅で勝ったとはいえ、それをちゃんと得点に結びつけたのが良かった。

今日からは広島戦。小山田に抑えられそう…。

野村17年目の偉業 2000安打(カープの大本営、中国新聞)
>野村のために、みんな勝ちたかったのである。怒られた者もいよう、励まされた者もいよう。苦楽をともにした仲間のためだからこそ、こんなにも燃えた。「勝ちたい」。その思いで一つになった心。それこそ、野村が何より大切にしてきたものであったろう。

゜。(⊃Д`。)゜。
けんじろーおめでとう。テレビ観戦だったけど、あんな雰囲気の市民球場初めて見た。ドラ戦の前に決めてくれてよかった…
posted by クラーク at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ-2005-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。