2004年10月13日

日本シリーズ戦力比較−その2−

その1では打撃成績を比較しました。今回のその2では、投手成績を比較します。
(ずれてて見にくいかもしれません、ごめんなさい)


先発    防御率 回数  試合 勝 敗
・川上    3.32 192*1/3 27 17  7
・山本昌   3.15 157   27 13  6
・ドミンゴ  3.76 146   23 10  5
・小笠原   3.45 *57*1/3 22 *2  2 
・山井    3.33 *27   *8 *2  1

・松坂    2.89 146   23 10  6
・張誌家   3.69 146   22 *9  8
・帆足    4.29 104*2/3 24 10  3
・石井貴   4.65 *69*2/3 14 *1  5
(・西口   3.22 117*1/3 21 10  5 )

プレーオフで先発した投手は4人ですが、一応西口も入れてみました。
両チームとも3本柱がいるので、4番手の先発を何戦目に持ってくるかが鍵になりそうです。中日の先発4番手は、安定感なら小笠原、賭けるなら山井でしょう。


中継ぎ   防御率 回数  試 勝 敗
・平井    3.93 87   38 5  6 *5セーブ
・岡本    2.03 75*1/3 63 9  4 
・落合    2.45 44   42 4  3 10セーブ
・久本    3.82 42*1/3 38 1  0
・長峰    5.04 30*1/3 14 2  0
・バルデス  3.50 25*2/3 30 1  1 *1セーブ
・高橋聡   2.86 22   24 0  1

・大沼    4.42 95*2/3 36 4  6 *3セーブ
・森     4.59 49   34 0  4 *4セーブ
・星野    2.15 46   56 4  3
・三井    7.68 45*2/3 *9 2  3
・長田    3.17 45*1/3 34 2  3
・山崎    5.58 38*2/3 14 3  1
・小野寺   3.37 32   27 2  1
・岡本    9.32 28   10 1  1

プレーオフで改めて中継ぎの出来が重要だと思いました。この成績を見るかぎりは中日のほうが上かとも思いますが、ダイエー打線を抑えたことが自信につながり、成績以上のものを発揮するんじゃ…


抑え    防御率 回数  試 勝 敗 
・岩瀬    2.79 64*1/3 60 2  3 22セーブ

・豊田    0.98 36*2/3 34 5  1 11セーブ

豊田って防御率いいけど、あんまり投げてないんですね。胴上げ投手も石井貴だったし。知名度で抑えられそう…(それは岩瀬もいっしょか)


チーム防御率は中日3.86に対し、西武4.28です。また、プレーオフ8試合の疲れもあることを考え、投手力は中日優位かと思います。
posted by クラーク at 01:26 | 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ-2004-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。