2005年10月13日

ドラの2005年度を振り返る(リリーフ編)

今季、ドラ投手陣で20試合以上リリーフ登板した投手は8人いました。先発編同様、個人成績とともに振り返っていきます。

「若きセットアッパー」高橋聡文
今季成績:61試合2勝1敗 44回1/3 4.67
ほぼ1年通して、左の中継ぎとしてフル回転。チームトップの61試合に登板しました。対左打者には被打率2.18と、いい働きをしてます。
ワンポイントから始まりましたが、岡本離脱後は1イニング任されるように。奪三振率11.37(9イニング投げたら約11個三振を奪うという意味)と、三振の取れるピッチャーで、中継ぎ向きなんですが、シーズン終盤には疲れからか打ち込まれることも。打たせて取ることを覚え、シーズン投げきるスタミナがついたら、岩瀬の後継ぎにどうですか?

「大魔神を抜いた神様」岩瀬仁紀
今季成績:60試合1勝2敗46セーブ 57回1/3 1.88
ストッパー2年目でシーズン最多セーブ記録を更新した岩瀬、もう神の領域です。抑えて当然というプレッシャーは相当なものと思います。見てる側としては、岩瀬が打たれたらしょうがないと思ってるんですけどねぇ。来季は2年連続の最優秀救援と自己の最多セーブ更新へ。

「竜の中継ぎエース」岡本真也
今季成績:57試合10勝3敗1セーブ 63回 3.14
リリーフのみでチーム2位の10勝。救援勝利とホールドをあわせたHPは27でチームトップ。結果だけ見たら中継ぎとして充分合格の成績なんですが、63イニングで四死球32個と、安定感がなく。見た目だけでなく投球にも貫禄を。

「第3次黄金期へ」平井正史
今季成績:55試合4勝4敗1セーブ 54回 3.83
ドラ移籍後初めて、1年通してリリーフを務め、岡本につぐチーム2位の20HP。1度目の岡本離脱時には、それまでの岡本の地位に昇格しましたが、結局その地位も鈴木に奪われたような。好投の野口を継いだ後の緒方のサヨナラ弾(8月13日)と、延長11回中村豊のホームラン(9月7日)の痛い2本を生で見てることもあり、自分の中での信頼度はちょっと…。イニングまたぐと怖いんですよね。もう先発はやんないのかなぁ。右ピッチャーですが、対左のほうが被打率が低くなってます。はて?(対右.285、対左.198)

「鈴木・鈴木・移動日・鈴木」鈴木義広
今季成績:47試合5勝3敗 68回1/3 3.56
47試合中、リリーフは45試合。ドラの隠れ新人王。98年に憲伸が新人王を取ったときの正津のような。個人的には中田より鈴木に新人王あげたいです。
岡本の2度目の離脱、優勝争いが一番厳しかった時期に、よく投げました。連日の酷使というのもありますが、この人が一番すごいのは、ロングリリーフをこなしながら連投してたこと。聡文や平井より長いイニングを投げながら、より短い間隔で登板してました。参考:中継ぎ登板表−後半戦全体
来季は、先発が早めに崩れたときに登板し、試合を立て直す役目に専念できれば。オフはしっかり休んでおくれ。

「リニューアルで復活へ」落合英二
今季成績:31試合2勝1敗 47回2/3 4.72
31試合の内訳は、先発6試合リリーフ25試合。開幕前から先発として調整し、開幕ローテに入るものの、先発では1勝のみ。その後はリリーフにまわるものの、どうにも使いにくいままシーズン終了。本人にとっても不完全燃焼の1年だったでしょう。
この不調が、春のキャンプのせいなのか、年齢による衰えなのか、来季には分かるかな。二段モーションが禁止され、新たな落合英二はリリーフとして復活できるのか。もう先発はいいです。

「2003年ドラフト出世頭」川岸強
今季成績:23試合1勝1敗 28回2/3 3.45
本人もまさかというプロ入り勝利をあげた川岸、去年が12試合15回1/3で防御率5.28だったので、成績は順調に伸びてきています。
英二同様、二段モーションが引っかかるということで、投球モーション変更なんですけど、それに惑わされず、シーズン通して1軍にいられるか。枠は厳しいですが、平井・英二・川岸・金剛・遠藤などでの争いかなぁ。

「大器の片鱗見せたサイレントK」石井裕也
今季成績:24試合3勝1敗 32回1/3 5.85
24試合中、先発が2試合、リリーフで22試合。プロ入り第1球を、前田(広島)にスタンドへ運ばれ、いきなりプロの洗礼を浴びるものの、同じシーズンの間に成長。先発での白星もあげました。監督が期待してるだけあります。
来季は打つとこが見たいので先発をやってほしいんですが、左の中継ぎが少ないことを考えるとリリーフか。ただ、対左でも.322打たれてるので、まだまだきついかな…。


みなさまシーズン振り返りを書いておられますが、映像をそんなに見てない野球素人が書くとこんなもんです(汗)技術的なことがもっと分かればなぁ…。
次回はたぶんスタメン野手編です。
posted by クラーク at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(2) | ドラゴンズ-2005-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ドラの2005シーズンを振り返る 先発投手陣vol.2
Excerpt: 今日、振り返るのは山本昌広をはじめとする先発左投手陣です。 山本 昌  5.5 今年のマサのナゴヤドームでの防御率は、6.46。(2勝5敗) やはり球威が落ちてきて、もう引退も近いのでは…という内容..
Weblog: いつも心はぽっかぽか
Tracked: 2005-10-14 00:50

採点簿(中継ぎ・抑え投手編)
Excerpt: 中継ぎ・抑え 石井:3−前半勢いと度胸で2勝したが連投する体力がなくファームへ。来期は先発ローテに入れるか?守備・バッティングはいいので期待大。 鈴木:4.5−年間通して一軍に残れたのは鈴木のみ。..
Weblog: C2って?
Tracked: 2005-10-15 13:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。