2005年10月24日

生観戦・おかやま国体硬式野球in倉敷

倉敷全体.jpg

10月23日より4日間の日程で、晴れの国おかやま国体高等学校野球(硬式)競技が、倉敷マスカットスタジアムで行なわれています。23日、その第1日目を観に、倉敷まで行ってきました。


国体に参加するチームは12チーム。夏の甲子園での成績を元に選ばれます。今大会は、甲子園でベスト8に入った、
駒大苫小牧(南北海道)・京都外大西(京都)・大阪桐蔭(大阪)・宇部商(山口)・東北(宮城)・日大三(西東京)・鳴門工(徳島)・樟南(鹿児島)
の8校と、成績優秀校として、
遊学館(石川)・清峰(長崎)・静清工(静岡)
の3校、そして開催県である岡山県代表であった
関西(岡山)
の以上12チームが参加する予定でしたが、いろいろあって樟南高校は出場を辞退し、11チームで行なわれています。(鳴門工が不戦勝となりました)

23日は、1回戦3試合が行なわれました。参照:サンスポ試合結果

第1試合 東北2−8清峰
→球場に着いたときには6回裏でした。東北高校は2年生エースの高山を温存し、3年の坂本・三浦が登板するものの8失点。7回から登板の高山は無失点。
他の高校には応援団らしきものが来てなかったんですが、清峰だけは応援団が。さすが清峰。

第2試合 京都外大西0−2駒大苫小牧
→夏の決勝と同じ組み合わせが1回戦から実現。駒苫のエース松橋が好投。140キロ台の直球を武器に、11奪三振で被安打2。京都外大西は成すすべなしでした。甲子園を沸かせた、京都外大西の1年生本田くん登板時には、歓声があがりました。

第3試合 遊学館8−7大阪桐蔭
→甲子園でヒーローとなった巨人のドラ1辻内崇伸、甲子園で1試合3本塁打を放った中日のドラ1平田良介、さらに遊学館を支える広島ドラ1鈴木将光と、3人ものドラ1が出場するこの試合、多くの観客を集めました。
試合のほうは、4番中田らの活躍で、序盤から大阪桐蔭がリードする展開。しかし、温存中の辻内を引っ張り出すべく遊学館が猛反撃、7回に6点加え、同点に追いつきます。大阪桐蔭は、8回からは辻内が登板するも、四球で出したランナーをワイルドピッチで進めてしまい、ショート内野安打(よく追いついたんだけど)で勝ち越され、遊学館の大逆転勝ち。

ドラファンなので、試合前の練習から平田を注目してみてたわけですが、肩の調子がまだ良くないらしく、キャッチボールは他の選手より半分の距離で、ノックはファーストで受けていました。スタメンにも並ぶことなく、4番には代わりに中田が。このひとも1年生ながら、甲子園で投打にわたって活躍しました。今回は残念ながら登板機会はなく、外野やファーストを守りました。

7回二死で、ネクストバッターボックスに平田が登場。これだけでも声があがりましたが、残念ながら打席は回ってこず。8回裏に改めて代打として登場しました。バッターボックスに入り、構える前の動作だけで大歓声。こんな選手をうちが指名したのかと思うだけで感激です。
打撃結果はセカンドフライでしたが、充分に観客を沸かせてくれました。ちゃんと予告どおりに、プロを意識して木製バットで打ってました。ケガをムリせずゆっくり直して、ドラキャンプの地獄のしごきを受けてほしいと思います。

8回から登板した辻内、ブルペンに入るだけで観客が群がり、注意のアナウンスが入るほど。「試合中はフラッシュによる撮影はおやめください」なんていう注意もありました。
それだけの注目をあび、そして辻内は期待にこたえてくれました。1人目のバッターには140キロ後半しかでておらず、「この時期ならこんなもんだろ」と思ったのもつかの間、2人目からは150キロを超える直球を連発。最高で152キロを計測しました。遊学館打線は振り遅れを連発。(ただ、辻内の前になげてたのピッチャーがアンダーだったってこともあるかと思いますが。そして個人的にはむしろそっちに萌えた。)巨人が育てきれるか、それだけが心配です。

3人のドラ1の中で、ただ一人全試合出場した遊学館の鈴木。辻内から三振をとられてしまいましたが、2打点の活躍。カープの状況を考えると、3人のうちで鈴木が一番初めに1軍で活躍するような気がしないでもない…。

平田辻内鈴木.jpg

↑ものすごい遠くてだれがだれやら状態ですが(汗)
辻内が投げ、鈴木が打ち、平田が一塁を守るという、次はいつ見られない分からない3人の競演。「うわ〜すげ〜」なんて思ってたのは自分だけかもしれんけどw


今回初めて倉敷マスカットスタジアムに行きましたが、毎年プロ野球が行なわれているだけあって、素晴らしい球場でした。広島市民球場とは比べ物にならないくらいきれいだったし…これなら確かに本拠地としても問題ないかも。

今岡ユニを親に着せられている着ている女の子がいて、「おいおい」と思いましたが、ドラキャップをかぶっているおっちゃんもいました。たぶんあのおっちゃんは平田へのアピールでしょう…。

−−−
関連記事一覧
大阪桐蔭・平田 木製バッドで竜戦士へ着々(大本営)
ドラ番記者(大本営)
辻内登場に大フィーバー、試合は逆転負け(ニッカン)
駒大苫小牧が京都外大西に勝利…岡山国体(サンスポ)
辻内 敗戦投手も高校最後で貫禄(スポニチ)
辻内152キロも敗戦(デイリー)
広島1巡目鈴木“借りはプロで返す”(デイリー)
posted by クラーク at 17:31 | Comment(3) | TrackBack(2) | 生観戦-2005-
この記事へのコメント
お疲れ様でした
駒苫の松橋君、林君、プロに行かないのが残念ですね。

大阪桐蔭の中田君は
打者としてものすごいことになるかも?
Posted by MegaDra at 2005年10月24日 22:21
モコです〜。もうホントうらやましい限りです。
松橋、夏はちょっと調子を崩してたようでしたが
よみがえったみたいですね。林ともども進学みたい
ですが、大学でも活躍してほしいと思います。

ところで平田はきのうの中京テレビ「スポスタ」で
映像が流れてたんで見ましたよ!。ひざ、肩と
故障してるらしいですけど、あのスイングは健在
でしたね〜。キャンプまでに治るといいですね。
Posted by モコ at 2005年10月24日 22:58
>MegaDraさま
残念ですが、また成長してプロ入りしてくれればと思います。
できればドラに…
中田くん、これからも甲子園を沸かせてくれそうです。
そしてそのあとドラに…

>モコさま
完全によみがえってましたね>松橋
林もさすがの守備を見せてきました。
やっぱり地元では映像ながれますね。>平田
広島でも鈴木の活躍が流れてました。
ほんとこれからが楽しみです。
Posted by クラーク at 2005年10月25日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


いざ沖縄へ
Excerpt: デープインパクトは三冠タイガースは散々 ドラゴンズは寒々としはじめた名古屋を離れ沖縄へ ナゴヤ球場
Weblog: Dragons Mega Hit 2005
Tracked: 2005-10-24 22:24

硬式がすごくよかった
Excerpt: 手の平に吸い付くような握り良さです!懐かしいボールの匂いも楽しめます。耐久性も期待していますが、使うのがもったいないぐらい良く出来た商品だと思います☆・タイトルなし・久々の硬式野球。・生観戦・おかやま..
Weblog: ボールの思い入れ
Tracked: 2007-07-27 08:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。