2005年10月31日

審判から見たプロ野球

最近、2段モーション禁止をきっかけに、審判団への注目が高まってます。そんな中、元セリーグ審判部長の田中俊幸氏が書かれた、「プロ野球 審判だからわかること」という本を借りてきて読んでます。
監督、選手とのエピソードや、誤審・トラブルの話など、普段は注目されない、審判からの視点で語られています。
で、この記事↓

審判側に反則投球見直しの動きも 中日紅白戦での混乱を報告(大本営)

「これではプロとして野球が成り立たなくなるということを報告しました。ただ、われわれとしてはルール通りに審判をしていこうということしか聞いていませんから、そうしていくしかない。これ以上のことは自分たちでは言えません」(渡田さん)

これまでも2段モーションは野球規則で禁止されてましたが、「実害が少ない」ので、セリーグ審判団の統一見解として、「セーフ」にしていたとのこと。
今回はルールどおりにいくということで、今まで現場の審判が決めてきた見解・解釈を変えていくわけです。

…一番大変なのは現場の審判なのかもしれない。


同じように、ルール通りの判定をしようというという動きは、以前「高めのストライクゾーン」でもありました。

01年に、メジャーで高めをとるように改定があり、翌02年に日本でも高めをとるように改められた。
シーズン前に、審判も申し合わせをし、監督会議でも了承され、コミッショナーからも審判に「今年からはこれでいく」と訓示があった。
当時、ボール2,3個分は高めにストライクゾーンが広がると騒がれたから、ご記憶のファンも多いと思う。
新しいといっても、「高めについても、ルールブック通りにする」ということだ。
しかし、審判の立場からすると、「高めのボール2個分高くとれ」とか、「外角をボール1個分広く取れ」と言われても、すぐに対応できるわけではない。
何しろ何十年間も、構えればその姿勢がパッと決まるように訓練してきた。その目の位置から、投球の高低や左右を見て、どこまでがストライクで、どこからがボールかをジャッジしてきた。
ところが、高めをとるとなると、目の高さをあげなければならない。いままでの視線では高めは見えないのだ。
何年も審判をやっているのに、そんなこともできないのかと思われるかもしれないが、球審が投球を見る姿勢をしていただければ、分かると思う。低く構えると高めに来る投球が見えなくなり、高く構えると低めが見えにくくなるはずだ。
(プロ野球 審判だからわかることより引用)


このときも審判が苦労したことが分かりますが、結局今はどうなったのかというと、曖昧になってしまったような気が。(以前2軍で、遠藤が観客のおじさんにそんなこと言ってたし)

今回は、審判よりもむしろ、投手のほうが何年もやってきたフォームを変えねばならない。だからこそ、ちゃんとした統一見解を審判だけでなく、監督や選手も理解できるようにしていかないといけないと思うのですが。今はまだそれができてないから、見解がはっきりしていないから、みな混乱してるんでしょう…。


作者の田中氏の意図と外れてきてしまうことがあるといけないので、過度な引用はやめますが、ほかにも審判からみたエピソードが数多く掲載されています。興味のある方はぜひどうぞ。
ドラゴンズ関連としては、落合博満・谷繁・岩瀬・福留の話や、野口のフォームについての話、ドラと橘高さんの事件、井上一樹の外野捕球での誤審事件などが載っています。
落合監督の現役時代の話は、「俺もプロだが審判もプロなんだからちゃんとしろ」と言いたげなエピソードもあり、大変興味深かったです。
posted by クラーク at 13:49 | Comment(3) | TrackBack(10) | 野球
この記事へのコメント
こんばんは。
視点を変えて審判サイドから見ると・・・

うむー。難しい問題ですね。
( θ_Jθ)コマッタモンダ
Posted by ぐっ at 2005年10月31日 19:28
サニーです。こんばんは。
審判も大変!ですよね。
でも、審判も「野球が成り立たない」と感じるほど ・・・とんでもないってことです。
不安ですね〜。
(結局、曖昧に流してしまうのかも、しれませんが)
Posted by サニー at 2005年10月31日 20:35
>ぐっさま
こんばんは〜
初めは三浦や岩隈みたいな、
明らかなものだけを規制していくのかと思いきや、
複雑かつ難しい問題になってきました。

>サニーさま
こんばんは〜
曖昧にしてしまって、
フォームを苦労して変えた投手はなんだったんだ、
なんてことになってしまいそうな気が。
ちょっと先が見えそうで見えなくて、不安ですね。
Posted by クラーク at 2005年10月31日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


迷惑な審判
Excerpt: 「不正投球」、中日岩瀬も川上もアウト 牛島監督心配「フォームに個性消える」 岩隈意識改革から、一場は修正着手 各地で反対が起こりまくっていますね ただでさえ日ごろから評判の悪い審判団に対しますま..
Weblog: ふなやすさんの退廃した生活
Tracked: 2005-10-31 18:21

野球にならない
Excerpt:                 落合監督「暴動起こせ」   反則投球と指摘されたのはブルペンで川上、岩瀬、岡本、紅白戦で中田と高橋聡だが、頭の上でグラブを止める山..
Weblog: C2って?
Tracked: 2005-10-31 19:11

森野にノックの雨あられ
Excerpt: 来季のサードのレギュラーを目指す森野にノックの雨あられ森岡と争ってレギュラー取れよ>森野 沖縄秋季
Weblog: Dragons Mega Hit 2005
Tracked: 2005-10-31 19:36

反則投球に 審判も困惑 ・・・見直し?
Excerpt: サニーです。こんにちは。いつも ご覧頂きまして、ありがとうございます。中日ドラゴンズを応援しています。昨日の日記で 書きました。「イリーガルピッチ(反則投球)」審判の方でも、困惑したらしい。「野球とし..
Weblog: SF映画好きのドラゴンズ応援 Mr.SunnySue
Tracked: 2005-10-31 20:49

2段モーションの疑問が解けました。
Excerpt: ずっと2段モーションについて疑問がありました。 ランナーがいるときに2段モーションをしたら、ボークになる。 これはよくわかります。 じゃぁ、ランナーがいないときに2段モーションで投げたらどうなるのか..
Weblog: いつも心はぽっかぽか
Tracked: 2005-10-31 21:42

サードへの道? 森野にオレ流ノックの洗礼!
Excerpt: 初の日曜日となった沖縄キャンプ。 この日のメインは、午後サブグラウンドで行われた特守。 森野と森岡が行ったそうですが、 なかでも森野が、落合監督直々の 『オレ流ノック』を受けたようです。
Weblog: Stadio Toshinao
Tracked: 2005-10-31 21:47

2段モーション??
Excerpt: 来年から2段モーションの取り締まりが厳しくなるそうで、ドラゴンズの紅白戦は大変なことになったみたいですね 足上げてからのモーションで完全に止まるとかならまだしも、足を上げる前の動作の中でも動きが止ま..
Weblog: JarJarの「イチ、ニのサーン」
Tracked: 2005-10-31 23:17

2段モーション禁止の影響
Excerpt: シーズン中から決定していたことですが、 来季から2段モーションが禁止になるそうです。 なんとなくは分かりますが、 しっかりとは分かりません^^; テレビで解説を聞いても、 分かったような分か..
Weblog: スポーツ歩き
Tracked: 2005-11-01 00:08

「歪んだ日本基準」
Excerpt: 審判VS投手の泥試合が開始という記事にこんなコメントが。 返事書いていったら例にもれず長文になってしまったので 別記事にしてアップ
Weblog: 肉球を太陽に
Tracked: 2005-11-01 00:19

2段モーションて何ですか?
Excerpt: 日本シリーズも終わって、来年に向けてがんばってる「打者」に朗報! 中日岩瀬、反則指摘に「野球にならない」 松坂憤慨「ボークでもフォーム変えない」 牛島監督心配「フォームに個性消える」 巨人..
Weblog: ほんまぐろ
Tracked: 2005-11-02 02:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。